わたしをもてなす暮らし方

主体的な生き方を実践し自己肯定感を育てるミニマリストあさだのブログ

MENU

最近、なんだか不幸だー!ってときに効果的な方法

f:id:nyachiko07:20190604164623j:plain

最近、なんだかツイてないことが多く、

思い通りにいかないことにイライラしていました。

 

調子下がり気味だけど、このままではイカン!

そう思ってなんとかする手段を考えてみました。

 

 

不幸だと感じるときの仕組み

なんだか不幸だーってときの対処法として、

書籍ややネット記事、YOUTUBE動画を漁ると、

「自分を大切にする」というキーワードがでてきます。

 

ほんとそう思う。(いろんな人が解説されているので、アサダは説明を省きます)

 

だけど、

「自分を大切にできていないと、なんだか不幸になっちゃう。」

このことをわかっているけど、それでも重い腰が上がらないんですよね。

 

誰に背中を押されるかが重要だと思う

これは私の意見ですが、

本質としては同じことを言っていても、

誰に背中を押されるかが大事だなと思います。

 

しかも!

その時の気分によって、誰が一番効果的が変わるな~って思っています。

 

みんながどうかわからんけど、アサダはそうです。

めちゃくちゃわがままで気分屋なので。

 

f:id:nyachiko07:20190604165118j:plain

しっくりこない人だと、

「言うてることはわかるけど、やる気は起きん」

 

そのときしっくりキタ人だと、

「言うてることもわかる、なんかできることないかな~」

 

こんな違いがあるんですよね。

 

私はわりと自己啓発大好きなんで、いろんな方を知っているのですが、

「誰が、その時、一番効果的か」これはもう、復習しないと自分でもわかりません。

 

今回のアサダの場合は

今回しっくりキタのは、上原愛加先生。

「ふんわりまろやか~」って脳みそがマシュマロになっちゃう魔導書です。

f:id:nyachiko07:20190604165434j:plain

「何も考えたくない!」「何もかも嫌なの!」「もう無理なの!」

そんな風に超世界がイヤになったワガママお姫様気分のとき、

上原愛加先生の本がアサダは割としっくりきます(笑)

 

怯えた小動物みたいな自分を、

やさしくふんわり包み込んでくれる感じなので、

「もう絶対傷つきたくない!」

「できない自分を責めたくない!」って時はよいです。

 f:id:nyachiko07:20190604165147j:plain

 ちなみに上原愛加先生曰く、

「大切な人にしてあげる様に」が自分を大切にするキーワードです。

 

大切な人にふさわしいか、ふさわしくないか。

 

自分が大切な人と仮定し、大切にするなら?と考える。

 

あるいは、自分の大切な家族・友人・恋人・尊敬している人…

その人にしてあげることを、自分にもする。

 

これです。(詳しくは上原愛加先生の『世界一愛されて幸福になる 魔法のプリンセスレッスン』等でどうぞ!)

 

 

ここら辺は、誰が一番しっくりくるかなので、

人によって違うと思います。

 

後で、アサダが知っている範囲でですが、

「自分を大切にすること」で「幸せになれるよ」

っていう理論を主張してくれている方々をリストアップします!

 

傷ついたアナタの心を癒しつつ、次につなげてくれる人がいれば、

アサダもなんだか嬉しいです!

 

実践したこと

f:id:nyachiko07:20190604164812j:plain

今回実践したことは、

  • ①部屋の片づけ
  • ②自分にふさわしくないモノを捨てる
  • ③模様替え

この3つです。

 

ここも人それぞれ違うし、

アサダでも毎回やることが違うところなので、

「自分を大切にするには、何をしたらいいかなぁ~」と考えてみてください。

 

①部屋の片づけ

あんまり散らかってはいなかったけど(←ここ重要…って訳ではないw)

  • ティッシュのゴミとか、おやつのゴミとかそのままになってたので捨てました。
  • そのままになってた靴下などの洗濯物は、洗濯機に持っていきました。
  • 布団を干して、シーツと枕カバーを取り換えました。

(客観的にみて、こんな些細な事を書いててウケる。)

 

②自分にふさわしくないモノを捨てる

半パンのスエットは快適なので、家で着ていたのですが、

よく考えたら、かわいくないので捨てました。

毛玉も多少ついてたし。

 

これ一枚だけだし、わざわざ古着の日に出すんじゃなくて、

ゴミ箱でいいやってことでポイしました。

 

③模様替え

そういえば1ヵ月に1度は模様替えするほど、試行錯誤大好きだったのに、

最近はやる気が出なさ過ぎて、模様替えしていなかったなぁ~。

 

ちょっと飽きたし、変えてみるか。

机のを北向きから、西向きに変えました。

(風水を意識しているわけではない)

 

効果は?

①~③、いかがだったでしょうか。

めちゃくちゃどうでもいいような些細なことですよね!

 

でも、アサダにとっては効果あったよ。

ちょっとやる気でたから、こうしてブログも書けたし。

 

あとで、自分にとっておきのほうじ茶も淹れてあげる予定です。

 

 

「自分を大切にすること」で「幸せになれるよ」理論の推奨者

いろんな方が、本やブログ、YOUTUBEなどいろんな媒体で発信しているので、

それぞれの方の理論が一番手軽に知れる方法で記載していきます。

 

順番はアサダが今パッと思いついた順なので、時にどの人が超いいってことではありません。(有名度合いも全無視順です!)

 

①上原愛加さん

はじめてこの方の本を読んだときは

「ナンダコレハ・・・頭の中が花畑ジャナイカ」と抵抗感がありましたが、

今はめっちゃ好きです!

 

「ぽわわーーん(*´▽`*)幸せ~」←これが最強だと思っているから。

 

主なトピックが恋愛で、どちらかというと女性目線の理論です。

なので、人間関係に疲れてズタボロになった小動物さんにおススメです!(笑)

 

あ、ちなみにさっき言うてた本はこれ↓

 

 

②鴨頭義人さん

鴨さんはYOUTUBEで講演を公開してくれている方です!

最近YOUTUBEの広告動画やグーグルでも広告出しているのをよく見かけるので、

誰だこのハゲのおっさん…って思った方もいるのでは?

kamogashira.com

世界を変えよう!もっとみんなが元気になれる世界にしようぜ!っ

 

超あっつあつの講演をされているんですが、

ノンノン、ただの意識高い系ではないので、安心してください。

傷ついて世界がイヤになっている人でも、鴨さんの言葉は響くと思います。

 

ビジネスマン向けの内容が多めですが、

単に「生きるのに困ってるねん」って方にもお勧めです。

 

ちなみに、最近アサダが面白いと思った動画は「「調子に乗るな!」と言われたので論破します。」というやつです。

 

今度、「調子のってるの??」「調子に乗るんじゃないよ!」とか言われたら絶対反論したるねん(笑)

 

③ジュリア・キャメロンさん

名前はあんまり聞きなれないとおもうけど、

『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』

この本なら知っている人もいるのでは!

アサダ、この間この本をAmazonで注文して、

彼氏の自宅に配送してプレゼントしたんです。

それくらい良本です!

 

「自分の人生を生きたい。でも、できない!私には無理だ!」

と、心の底から思ってる人にお勧めです!

 

④加藤ゑみ子さん

『 お嬢様ことば速修講座』シリーズを書いている方です。

お嬢様は自分を大切にする達人なので、お嬢様シリーズもおススメだけど、

 

「少ないものでも上質なもので暮らしたい」という

アサダと気が合うミニマリストさんにはこちらもお勧めです。

上質な生活を整えて自分を大切にしてみようかなって人はぜひ。

 

⑤斎藤一人さん

納税日本一の実業家さん。

YOUTUBEで話も聞けますが、公式動画なのか、ツリなのか、

正直よくわからないので、ここではURLは載せません。><

 

この方もビジネスよりの話題が多めですが、

簡単に実践できることを教えてくれます。

 

自分を身なりを整えることの大切さとかね!

「自分の体を神の宿る神社だと考えて、きれいに整えるんだよ」等、

斎藤一人さんはたとえ話が上手だな、と思います。

 

斎藤一人さんは、「ニュートラルな視点で柔軟に人の話が聞ける人」にはおススメです!

 

⑥小林弘幸さん

医学的な立場から、自分を大切にすることを知れます。

小林さんは、みたところたくさん本を書かれているようです。

 

アサダはこないだ『まんがでわかる自律神経の整え方』を読みました。

簡単にできる方法が段階的に紹介され、かつマンガで読みやすかったです。

 

この本を読んで、

「水をいっぱい飲むって自律神経を整える方法として理にかなっていたんだな」

とわかりました。

f:id:nyachiko07:20190604165049j:plain

アサダは一日に4,5リットルは水分とっているので、異常だと思ってました。

めっちゃトイレ行くし。

でも、水分をめちゃくちゃとる行動が良いことだったとわかってよかった^^

 

⑦山崎房一さん

『心がやすらぐ魔法のことば』

この本はアサダが「自分を大切にする」ってことを初めて意識し理解するきっかけとなりました。

もう高校生くらいのときに何故か出会った本で、

ここから私は、「そうか自分のこと受け入れる必要があるのか」ということを学び始めました。

「いい言葉を自分にもかけてあげたい」という優しい方におススメです。

 

⑧松田 竜慶さん (たっつんさん)

はてなブロガーさんです。

ちょうど最近こんな記事を書いてくれています!

t-matsuda.hatenablog.com

 

あと、感情の裏にある本音シリーズも合わせて読むのがおススメです。

超わかりすいです。

 

ちょっと一呼吸おいて、

「今どんな感情だろう」

「なんで私、悲しんだろう、怒っているんだろう、悔しいって思っているんだろう」

考えながら読んでみるといいと思う。

自分の気持ちをそのまま受け入れて、

自分の気持ちを大切にするってことができると思うので!

t-matsuda.hatenablog.com

たっつんさんのブログは、

「スピリチュアル好きで理論は知っているけど、自分の生活で実践したり取り入れたりするのはよくわからないんだよな~」って方にもおススメです。

 

⑨北山裕子さん

この方も、はてなブログ書かれています!

 

ご本人の体験談とか、瞑想している時の気持ちなどがめちゃくちゃ参考になります。

「自分の人生を味わう」「自分の感情をそのまま受け入れる。」

そのようなことがわかると思います。

www.maemuki-k.co

ブログに読むだけでさわやかにキラキラした気分になります。

 

「あぁ、自分も、素直な気持ちで前を向こう!」って

キッカケをつくってみたい方におススメです!

 

まとめ

書くの疲れたので自分のためにも以上にします(笑)

これ、一切誰かの回し者で書いてるわけじゃないんで。

 

とりあえずパッと思いつくだけでしたが、リストアップしてみました。(もっと沢山「自分を大切にする」を伝えている人はいるはず。)

 

f:id:nyachiko07:20190604171317j:plain

悲劇の主人公ストーリーが止められないときは、

「とにかく自分を責めないこと」が大事だと思います。

 

ただ、理論はわかっていても、行動に移すのはとても大変なんですよね。

 

だからこそ、その大変さを認めて、

その時、自分に合った人の言葉を聞くのイイと思う。

しっくりくる人はその時々でちがうなぁ~ってことが言いたかったです。

 

ではでは長くなりましたが、読んでくれてありがと^^