わたしをもてなす暮らし方

主体的な生き方を実践し自己肯定感を育てるミニマリストあさだのブログ

失敗から学ぶ、モノ選びの着眼点

 

ミニマリストのあさだです。

主体性のある生き方を模索していて、幸せであることを大切にしています。

「丁寧な暮らし」や「シンプルライフ」を自分なりに実践しています(*^^*)

f:id:nyachiko07:20180521215619j:plain

↑モノ選びの着眼点を磨きたくて読んだ本たちです。

 

モノが減ってくると、アレもコレも、「ほんとは気に入ってないかも…」という状態になりました。

そうなると、アレがほしい、コレがほしい!!と物欲が止まらなくなってきました。

 

しかし、上手く付き合っていきたい物欲…

 

モノを買うときの基準点を設けて、

それをクリアする究極を見つけたときだけ買うことをルールにしました。

 

そういうわけで、最近はモノ選びが趣味になりつつあります。

究極のお気に入りを探す一時がとても好き。今日はそんな話です。

(前置きでだいたい伝えたい内容はおわりました。笑)

 

とまらない物欲の根源

わたしは、自分にとって心地いい・快適・嬉しくなる、そんな生活をめざしています。

 

このブログのタイトルにも「わたしをもてなす」とあるように、

テンションあがっちゃうくらい好きなモノで、シンプルに暮らしやすく在りたいと思っています。

 

断捨離を続け、モノを少なくしてきました。

残ったものは、自分が気に入ってるモノ、必要なモノ。

 

それらをもっと大のお気に入りだけにしていきたい。

今、あるものをアップデートしたい。

シンプルで居心地のよい部屋で暮らしたい。

 

そんなわけで(←これ便利)、物欲が止まらないんです。

 

気に入らないモノは使わない

買い物に失敗したことがたくさんあります。

買ったときは気に入っていたけど、使ってみたら不満。

気に入らないところにストレスを感じて結局捨ててしまったり。。。

 

わたしは気に入らないモノを使うことは自傷行為だと思います

なので、「あ、コレきらい」となったら、使わない。

わたしの場合は断捨離対象デス。

 

手放したカバン

この間は、カバンを手放しました。

小さめのカバンが欲しくて、買ってみました。

f:id:nyachiko07:20180521215640j:plain

しかし、チェーンの部分が重いこと。

肩こりがつらいので、持つのをやめました。

 

今は、まだお気に入りを見つけられていないので、

普段使いの小さめトートや、ちょっと多いけど気に入ってるカバンで代用しています。

 

失敗から学んで

モノを手放すとき、自分が気に入らなかったポイントは覚えておくようにしています。

今回のカバンの例だと、

  • 重たい(軽くない)
  • 出し入れの動作がめんどくさい
  • 自分の持っていきたいものが全部入らない
  • 子どもっぽすぎたかも・・・etc

 

一か月も持たずに手放しちゃったけど、

次買うときは、こうしたい!というモノ選びの着眼点が磨かれたかな、と思います。

勉強料、勉強料…(笑)

 

モノ選びの着眼点を磨きたい

モノ選びの着眼点を磨きたい今日この頃です。

最近はこんな本を中心に読んでいました。

f:id:nyachiko07:20180521215619j:plain

  • 『モノは好き、でも身軽に生きたい』、本多かおり
  • 『シンプルだから、贅沢』、ドミニック・ローホー
  • 『少ない予算で毎日心地よく美しく暮らす36の知恵』加藤ゑみ子
  • 『これだけで、幸せ』小川糸
  • 『暮らしのつくり方』本多かおり

みなさん大好きな作家さん。

 

特によかった本は『シンプルだから、贅沢』ですね。

f:id:nyachiko07:20180521215624j:plain

これはバイブルです!

3回読み返しました。付箋張りまくりですッ

f:id:nyachiko07:20180521215637j:plain一言一句噛みしめて血肉にしたい!って内容でした。

 

 

そして、

f:id:nyachiko07:20180521215638j:plain

小川糸さんの暮らしぶりが垣間見れる『これだけで、幸せ』は「わっぁあああ!もう!だいすき!!」とほんとにほんとに素敵な気持ちにさせてくれました。

 

「ぬぁんて素敵なんだーーーー!!」が止まりませんでした(よだれ)

小川糸さんの他の本や、小説も読んでみたくなっています。『食堂かたつむり』の方なんですね!

 

☆彡

 

買い替えたいモノがたくさんあります。

少しづつ、少しづつ、素敵な生活を目指していきたいです♪

モノ選び楽しい。