わたしをもてなす暮らし方

主体的な生き方を実践し自己肯定感を育てるミニマリストあさだのブログ

「足るを知る」を知るために*使えるけど今の自分に必要のないモノを断捨離する

 

ミニマリストのあさだです。

主体性のある生き方を模索していて、幸せであることを大切にしています。

「丁寧な暮らし」や「シンプルライフ」を自分なりに実践しています(*^^*)

f:id:nyachiko07:20180204190256j:plain

モフモフ…、もっちもち。

 

 

今わたしには必要じゃないモノ、どうしよう

ボロボロになったりして、使い切って捨てれるモノの断捨離は簡単ですよね。

 

しかし問題は、使えるけど自分には必要ないモノ

断捨離で有名なこんまり先生が言う「ときめかないモノ」と同義だとおもってもらえればb

 

断捨離を始めると、使えるけど必要ないモノがだんだんとわかってきます。

あ、これ要らない!捨ててみたい!って思っちゃうモノ。

※例えば、ベッドとかねw ←人によっていろいろだと思います。

 

だけど、そういうものってすごく捨てにくい。

 

使えるモノだから。

きれいなモノや新品のモノを捨てることは本当に躊躇しますね。

 

 

すこしでも気楽に捨てるには

少しでもリターンがあれば捨てやすい

使えるモノをそのまま捨てることに抵抗があれば、

 

  • 知人に譲る
  • メルカリで売ってみる
  • 買取サービスを使う

 

などなど、おススメですね。

 

 

ノーリターンで捨てちゃう方法もおススメ

空白の法則なんてものもあります。

ウソかホントがわからないって思っちゃうけど、やってみると実感できます。

 

巡り巡って自分に本当に必要なモノを揃えることができたりしてます(*^^*)

 

 

思い切りよく捨てた対価

いつ使うかわからないモノを置いておく空間の方が勿体ない。

モノがたくさんあるから部屋が片付かないわけです。

 

で、家の中にあるモノの大半が、

今は使ってないだけど、いつか使うモノなんですよね。

 

いつかは、ずっとこない!

はい、捨てましょう!

 

こうしてモノを減らしていくと得られる快適さがあります。

例えば、無くし物がなくなりました。

アレはそこ、ソレはココと自分の持ち物を隅から隅まで把握できているからです。

 

 

 

いちばんの報酬はコレだな!「足るを知る」を知る

足るを知ることもできました。

f:id:nyachiko07:20180204190214j:plain

私は自分にめちゃくちゃ自身がないタイプです。

自己肯定感が低い人ってメンヘラになりやすい傾向があります。

ミニマリストになる前は、すごく病んでて自傷行為もしていました。

ちゃんと病院にいっていたら、うつ病の一歩手前かうつ病だと診断されていたと思う。

 

でも、足るを知ることができたから、メンヘラを克服できた。

自分に自信をもてるようになりました。

 

ミニマリズムの実践で、自分はこれで生活できる!と自信がつきました。

 

そこから、

足るを知ることについての知識や、

自己肯定感についての知識もだんだんと深まっていった結果、

 

自分はこのままで十分だな

いまの生活で十分幸せなのだな

 

あぁ自分は幸せじゃないか…!

いままでも、幸せだった…!

これまでの道のり全て含めて自分にとっては必要で、なんてなんて素敵な体験ばかりだったんだろう…!

 

と心から思ったんですよね。

自分を認めてあげることができて、感謝の気持ちが溢れてくるようになりました。

 

間違いなく、ミニマリズムのおかげで私は幸せを見つけることができました。

だから、足るを知るを教えてくれたミニマリストの生き方に出会えてホントによかった

 

自分の幸せに気づくことができるって、何よりも財産です。

 

 足るを知るって今を生きるって事なんですよね。

雪見ゆきさんのブログが参考になったのでシェアします(*^_^*)

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

読んでいただきましてありがとうございます

今使わないモノは、勇気を出して捨ててみてというお話でした。

 

 写真はあさだが最近ハマってるキャラクター「おかえり園田くん」というキャラのもちもっちクッションです。めっちゃ気持ちのです~。すべすべもちもちなんです。

白いのが園田くんで、ベージュが戸田くんですw

いつも癒されています(*´ω`*)

この子たちは私の宝物♪