わたしをもてなす暮らし方

主体的な生き方を実践し自己肯定感を育てるミニマリストあさだのブログ

「必要なならいつだって揃えることができる」を活かす*モノに支配されない暮らし方

 

ミニマリストのあさだです。

主体性のある生き方を模索していて、幸せであることを大切にしています。

「丁寧な暮らし」や「シンプルライフ」を自分なりに実践しています(*^^*)

f:id:nyachiko07:20180202102111p:plain

学期末でひと段落しました。

今日は、書類を断捨離したお話です。

 

 

 

ちょい置きしてた書類の山

書類の整理をしました!

ちょい置きしていたレジュメやらなんやらが溜まっておりました。

f:id:nyachiko07:20180202102009j:plain

こんなまるまる太ったファイルが2冊分ありました。

 

こんなにたくさん溜まっていたとは…!

 

 

私の断捨離方法

とりあえず置いとく期間

要るか要らんか分からないものはしばらく置いときます。

このファイルはまさにそういうちょい置きファイルというわけです。

 

 

 

3か月、半年、1年と月日はバラバラですが、

一定期間以上全く使わなかったモノは要らないモノだと判断できます。

これからも使わないので断捨離。

 

捨てるか迷ったらちょい置きして、使わなかった捨てる

 

 

 

ちょい置きの最終判断の時

ちょい置き期間を設けても捨てようか迷いますね。

 

そんなときは、「それはなかなか手に入りにくいモノ?」と考えてみます。

こちらを参照ください。

www.kero00.com

 

すると、、、

大抵はすぐにでも手に入っちゃうモノなんですよね。

なかなか手に入らないモノではない。

必要ならいつだって揃えることができる!

 

今回捨てようか迷ったクリアファイルは、まさにすぐにでも手に入るモノ。

 

ハイ、じゃぁ捨てよう!

思い切りよく。

 

必要なときはまた買ってあげよう。

 

 

引っ越しを想定してみる

もう一つのコツは引っ越しを想定してみること。

 

新居に持っていきたいか?という基準で断捨離します。

「できれば実家に置いときたいかも…」

 

実家に置いときたい = 今は必要ないもの 

とわかりますので、捨てることを検討します。

 

 

要らないモノで散らかっている空間
不要なモノのせいで必要なモノが取り出しにくくなる空間にはしたくない!(*^^*)

 

スペースがあるとついつい置いときたくなりますが、

それではいつまでたっても片付かない!思い切って捨てるようにしています。

 

 

読んでいただきましてありがとうございます。

 

風邪ひいたので昨日病院へ行ってきたら、インフルエンザA型でした。とほほ~。

今朝はもう熱が下がって頭痛もなくなったので少し動けるようになりました。

部屋の中がなんとなく散らかっています。

片づける体力がない。

普段からモノを少なくして、綺麗にしておく大切さを感じています。

 

インフルエンザ、みなさんもお気をつけて。