わたしをもてなす暮らし方

自分を大切にする生き方をみつけよう

それはホントになかなか手に入らない?

 

ミニマリストのあさだです。

主体性のある生き方を模索していて、幸せであることを大切にしています。

「丁寧な暮らし」や「シンプルライフ」を自分なりに実践しています(*^^*)

ついつい置いときがちなもの、私の場合はキーホルダーです。

 

ガチャガチャで引いたキーホルダー、とってもお気に入りです。

しかし、つけるところがなくて一旦しまっていました。

f:id:nyachiko07:20171222202924j:plain

う~ん。これは今後カバンにつけるだろうか。

いまつけているキーホルダーで十分だし、これ以上つけないよな。(←二個以上つけるとガチャガチャ音がわたしは気になるのでつけません。)etc

 

考えて、捨てようという判断に至りました。

なんで手放せないかを考えると、「なかなか手に入らない」という考えに縛られているからだな、と改めて思いました。

このガチャガチャを引いたときの思い出はたしかに二度と手に入らないかもしれないけど、モノと思い出は必ずしもセットではないんだな。

f:id:nyachiko07:20171222202954j:plain

使わないけど捨てれないモノに対して、なかなか手に入らない、と心の奥底で考えてしまっていますね。実はそんなことないのにね(*^^*)

 

使わないかも…と思った瞬間に、実は捨てることが確定している。

経験的にそうだなぁと思いました。

 

ではでは、久しぶりにモノを手放したお話でした。