ミニマリストの猫より気ままなシンプルライフ

主体的な生き方を模索するミニマリストのブログ

洗濯物を干すのが楽しいから大好き

 

ミニマリストのあさだです。

主体性のある生き方を模索していて、幸せであることを大切にしています。

「丁寧な暮らし」や「シンプルライフ」を自分なりに実践しています(*^^*)

 

こんにちは!あさだです。

突然ですが、今日は洗濯物干すのって楽しくないですか?

 

洗濯物干すのがかなり好き

わたしは、部屋の掃除・整理整頓、模様替えの次くらいに洗濯物を干す家事が好きです。洗濯物干しているときすごく楽しんでいる自分がいる…!!

なんで好きなんだろう~って今日は洗濯物を干しながら考えてみたので、書いておこうと思います。

 

洗濯物をベランダに干すときに適度に日光浴

うちは、洗濯物を2階のベランダに干しています。

あさだは、言わずと知れた引きこもりなんですけど、洗濯物を干している瞬間は、外の空気や光を受けることができます。

家の近所は住宅街で近くに山々があり、家と緑が豊かな地域です。そんなところなので、空気も都心部よりは綺麗です。

ベランダは完全日陰なので、直射日光を受けないところもひきこもりには嬉しいポイント。つまり、家の中に居ながら、お外にいる感覚を得られることができる。しかもそれを生産性のあることをしながら。一石二鳥。素晴らしいです。ブリリアント!(ほめすぎ)

 

外の空気って窓を開けてて入ってくる風とは、また違うなぁと感じます。

【補足】ひきこもりだけど、外が嫌いってわけじゃなくて、単純に日焼けしたくないのと、暑いとすぐクラクラしちゃうので、どちらかというと外遊びより内遊びが好きというだけです。

 

真夏は過ぎ去ったので、最近では犬の散歩も気持ちがいいですけどね(*^^*)

 

 

 

洋服のチェックができる

ミニマリストなので、洋服をそんなにたくさん持っていません。なので、必然的に一定期間の使用頻度が一着一着高いのです。すると、洋服は結構痛みやすいという現象がおこります。洋服がダメージを食らっていると即捨てているので、気が付いたら、着る物がない!ってことになりかねません。

ですが、日ごろから洗濯物を干しつつ、洋服のダメージ具合をチェックしていると、そろそろ新調した方がいいなと把握することができるのです。

 

ただの洋服のチェックという手間が省けるのもいいところです。

洋服のチェックというのは、余所行きの洋服として大丈夫かどうかチェックすることです。「あっここ毛玉できている!」とか、「あっ糸ほつれてる!」などそんな服はだいたい捨てる対象です。ダメになった洋服を見つける作業なのですが、これを洗濯物を干すという家事をしながらできるのが一石二鳥なのです。

日々、自分の着るものくらいのメンテナンスはしっかりしたいので、洗濯物を干すという家事は相性がいいです(*^^*)

 

 

もっと効率的にならないか妄想するのが楽しい

私は、生活全般に関してとてもこだわりが強い方です。まぁこんなブログやっているくらいなのでね。

私は実家暮らしなので、家事のことについては母が主導権を握っています。ハンガーの色一つにしたって、私には替える権限がないですし、物干しざおの位置を変えることもできません。

なので、将来わたしが一人立ちしたら、こうしたい・ああしたいという理想があって、そのときに、もっと効率よく家事をまわせるように色々考えています(*^^*)

洗濯物に関していうと、「➀洗濯する、➁干す、③取り込む、④たたむ、⑤しまう」と5つも工程があるじゃないですか。とくに私は③④⑤はとても無駄な作業だと思うので、それを解消するような、布陣、干し方を追求したいです。

 

他にもいろいろ思っていることがあるので、今度そんな理想をノートに書き留めておこうと考え中なんです(*^-^*)♪

 

 

そんな感じで、日光浴しつつ、洋服のチェックをしつつ、妄想する♪洗濯物干しが大好きです。

洗濯物干しという家事だけで1000字越えて書いていた自分が怖い、あさだでした。

読んでくださいましてありがとうございます(*^^*)

毎日たのしく過ごしたいですね~♪