ミニマリストの猫より気ままなシンプルライフ

主体的な生き方を模索するミニマリストのブログ

お洋服の総見直し*基準

 

ミニマリストのあさだです。

主体性のある生き方を模索していて、幸せであることを大切にしています。

「丁寧な暮らし」や「シンプルライフ」を自分なりに実践しています(*^^*)

 

 

 

シンプルで丁寧な暮らし

こんにちは、ミニマリストの浅田です。

最近、わたしが目指しているのは、シンプルで丁寧な暮らしです。

 

今日はお洋服を見直したお話。

もう着ないお洋服と、その処分方法です。

 

丁寧な暮らしを考えたときに、着るモノにもこだわりたいなぁと思いました。

 

家にいるからこのTシャツでいいや、

近所だからこの格好でいいや、

バイトだから適当でいいや、

 

そういうことをやめます(*^-^*)

いつでもお気に入りのお洋服を着よう!というルールに変更です。

 

自分のことを姫のように大切にします(笑)

(一体何処ぞの姫なんだ…)

 

このルールにすると、断捨離がとても捗りましたよ。

 

 

毛玉を発見した服はさよなら

毛玉がある服は、問答無用で捨てました。

じつは、前回プチ断捨離をしたときも、毛玉がある服を捨てるリストにあげておりました。

この記事ですね。

www.kero00.com

 毛玉がついている服を姫は着ないでしょう。

 

 

日焼け対策によく着ていたパーカー

よく見たら、ものすごい毛玉だらけだった恐ろしいパーカーです。

f:id:nyachiko07:20170808095707j:plain

淡い紫色が気に入っていたのですけどね、ここまで毛玉がひどいので捨てました。

光の加減で、ほぼ白っぽくなってしまっていますね。

 

 

 

お気に入りだったシャツ に毛玉

色合いと形が好きだったシャツです。

とても合わせやすかったです。

f:id:nyachiko07:20170808100930j:plain

しかし、よく見ると、ところどころに毛玉ができていました。

f:id:nyachiko07:20170808100947j:plain

そろそろ潮時だな~と思い、捨てることに。 

 

 

 

 

シワになりやすいプチプラのお洋服

どこにでもある普段着のブランドとしておなじみのearth music&ecology(アースミュージック&エコロジー)で購入したガウチョパンツです。

f:id:nyachiko07:20170808095222j:plain

去年購入したモノです。

アイロンをかけても、とてもシワがつきやすいです。

その分、記事が薄手なので家に居るときはラクチンでいいのですが、シワが気になってお出かけ着としては着れません。

 

それにやっぱり私、ガウチョパンツの形が好きになれない…!

おしりが大きく見えますね。

なんだろう、例えるなら天空の城ラピュタのドーラ(年配の海賊のおねえさん)みたいな感じ。

姫はやっぱりスカートに限ることね、と思い処分です。

 

 

 

 

おしゃれ古着もサヨナラ

去年まで、あさだは原宿系ファッションが好きでした(*^-^*)(笑)

シノラー、デコラちゃんに憧れて竹下通り大好き!みたいな子だったんですが、ミニマリストになってから徐々に趣味が変わっていきました。

その時の服はだいぶ処分してきたのですが、まだシンプルだしカワイイと思っていたので置いていた服がありました。

それがこれ。

f:id:nyachiko07:20170808100945j:plain

ウサギがカワイイ、ビックTシャツです。

このお洋服の店がもともと古着っぽいテイストなんですよ。(※古着ではない)

キャンディーストリッパーというお店のお洋服でとても可愛らしいです。今でも好きですが、自分は着ようと思いません。

 

 

でも、姫は古着はもちろん、古着っぽいテイストの服は着ないわ、と思い切って処分することにしました。

 

この洋服の色といい、プリントといい好きなんですけどね、家着になってしまいましたね。

f:id:nyachiko07:20170808100944j:plain

かわいいですよね(*^-^*)

 

好きだったお洋服の店備忘録

青文字系ファッションに興味のある人のために、あさだが好きでよく来てたお洋服の店をまとめておきます。

興味のない人は読み飛ばしてください(笑)

candystripper.jp

 

www.nile-jp.com

listenflavor.com

他にもいろいろあるんですが、よく着ていたのはこんな感じ~。

 

 

 

処分方法は

いつも、要らないモノはそのままごみ箱に捨てていました。

洋服も靴も問答無用で。

 

靴はそれでよかったみたいですが、どうも古着は資源ゴミみたいです。

ゴミ箱に捨てていたら、母に「あなた、これは古着回収のときに出すものよ」と言われました。

 

気になったので、「古着 ○○市」と検索してみました。

自治体、管理組合、子ども会などが決まった日に回収してくれるそうです。

 

私の住んでいるところでは、子ども会が回収してくれるそうです。

そういえば、子どもか描いた可愛らしいイラストのポスターが郵便受けに入っていたわ。

 

というわけで、古着は回収の日に出して処分します(*^-^*)

 

こんな便利な日があるなんて知らなかったです…!

いつも、燃えるゴミとして心苦しく思いながら洋服を捨てていたわけです。

資源ごみとして回収してくれるなんて、ありがたいことだな~と思います。

 

ありがとう~♪

 

丁寧な暮らしの実践をしたいので、着るものを見直してみたお話でした。

読んでいただきましてありがとうございます。

 

いつもゴミ出しは母に任せていたので、無知でした。

母もいつもありがとう。

 

自分で調べるって大事ですね。