わたしをもてなす暮らし方

自分を大切にする生き方をみつけよう

捨てる判断をシステム化*ミニマリスト、夏服の断捨離

 

ミニマリストのあさだです。

主体性のある生き方を模索していて、幸せであることを大切にしています。

「丁寧な暮らし」や「シンプルライフ」を自分なりに実践しています(*^^*)

 

家の近所で、やっと蝉が本格的に鳴き始めました。シャンシャン。

夏はまだまだコレカラですが、暑くなってから、2、3か月経ちますね。

というわけで、 

夏服の断捨離

朝、着替えるときに、ちょちょいと夏服の断捨離をしました。

見つかった着ていない服、数点。

f:id:nyachiko07:20170723100554j:plain

 

着心地がよくなかったり、デザインが他の洋服と合わせにくかったり、毛玉ができてたりすると、なかなか着ようという気になれない。

というか、着ませんネ。

 

じゃぁ置いてても仕方ない

サヨナラです。

 

 

 

捨てる判断をシステム化

要るか要らないかで悩むのは、なんか違うな~って思います。

数か月、数年使ってないモノは、今後も使わないということで、思い切って捨てます。

 

 私の断捨離はゆっくりペースですが、それが一番ラクチン。

不必要なモノに手を掛けたくないので、一定時間使ってないモノだったら捨てるというルールは自分に合っています。

 

不要なモノは時間が教えてくれる

 

読んでいただきましてありがとうございます。

 

ミニマリストになって、ほぼほぼ不要なモノの片づけは終わっています。

あとは、日常的に不必要なモノを見つけては捨てています。

 

ではでは、じゃ~の~。